会社情報

部門紹介

損保ジャパンの各部門の仕事内容を紹介します。新たな価値を生みだすため、ときに共働してサービスを展開します。

営業部門

営業部門は、共存共栄のパートナーである代理店と一体となり、お客さまのさまざまなリスクを分析して、最適なソリューションを提供します。保険商品だけではなく、グループ各社と連携した各種サービスの提案や、事故を未然に防ぐための提案を行います。また、幅広い分野で自治体と連携し、地方創生にも貢献しています。担当する分野により、主に3つの部門に分かれています。

企業営業部門

  • 商社、メーカー、建設、金融機関などあらゆる業界の大企業を担当します。
  • お客さまに対してリスクコンサルティングを行い、ときにはお客さまに合った新たな保険商品を生み出すなど、さまざまな手法でお客さまのビジネスをトータルでサポートし、企業の挑戦を後押しします。

一般営業部門

  • 保険販売を専業とする「専業代理店」やさまざまな業態の代理店を担当します。
  • 担当代理店を通じて、地域に所在する企業や個人のお客さまに、最適なソリューションを提供します。
  • 既存代理店への経営コンサルティングに加えて、新規代理店を開拓することで販売チャネルの構築・拡大を行います。

自動車営業部門

  • 主に自動車ディーラーを担当します。
  • 代理店の保険販売体制構築のための支援や最適な保険商品が提案できるよう支援を行います。
  • お客さまのカーライフがより快適なものになるよう、保険商品だけではなく、事故を未然に防ぐための提案を行います。

保険金サービス部門

事故受付から損害調査、事故の相手方との交渉などを行い、保険金のお支払いまでを行います。単に保険金をお支払いするだけではなく、お客さまの不安を解消できるように寄り添い、1日でも早く安心と保険金をお届けをします。保険の真価が問われる事故対応の最前線です。対応する事故の種類により、主に2つの部門に分かれています。

自動車保険金サービス部門

  • 自動車事故に遭われたお客さまを担当します。
  • 事故の加害者や被害者となったお客さまと相手方の間に立ち、お客さまの立場に立って円満な解決に導きます。

火災新種保険金サービス部門

  • 自動車以外のすべての事故を担当します。
  • 担当する事故の種類は火災、自然災害、傷害などに加えて、サイバーリスクなど多岐にわたります。

本社管理部門

営業部門や保険金サービス部門を支え、会社の運営等を担う中核部門です。本社管理部門には、多種多様な部門があります。

商品開発部門

  • 技術の発展や社会の変化により生まれる新たなリスクを的確に捉え、新商品を開発します。
  • 保険商品やサービスを通して、 社会課題のソリューションを提供することで、よりよい社会の実現に貢献します。

国際部門

  • 海外保険事業全般に関する戦略や施策の企画、M&Aを通じた新規マーケットの開拓推進を行います。
  • 各部門と連携し、日系企業の海外保険事業のサポートも行います。

デジタル関連部門

  • SOMPOホールディングスおよび損保ジャパンのイノベーションを推進します。
  • デジタル技術、最先端科学技術、マーケットを起点とし、お客さまにこれまでにない新たな価値を提供するためのサービスやビジネスモデルを創出しています。

資産運用部門

  • 保険料を原資とし、適切なリスクの範囲内で国内外の株式や債券、貸付、不動産投資さらには先端的な投資商品などを組み合わせながら、確実に運用していきます。
  • 経済や市場の動きを読みながら、慎重にときには大胆に決断を行うことで企業活動を支えます。

IT部門

  • 最新テクノロジーを駆使し、お客さまや代理店向けシステム、社内システムの開発と運用を行います。
  • ITを活用した新しい働き方(オフィスインフラ施策)や業務システム改革などにおけるIT戦略の立案から実行、推進までを行います。

その他の部門

  • このほかにも、リスク管理部、法務部、人事部、広報部など、様々な部門があります。

こちらのページもチェック

CHALLENGERS挑戦者たち

それぞれの生き方、それぞれの目標、それぞれの挑戦。
ここには挑戦のダイバーシティがある。

挑戦者たち 社員インタビュー写真